平成30年度 神戸研修センター開催研修

NO.232コンピテンシーの考え方を活用した次世代看護管理者の育成

会場 神戸研修センター
開催期間 H30 11/20・21 (1.5日間)
応募期間 H30 8/1〜11/7
研修目的 コンピテンシー・モデルを参考に、自施設における次世代の看護管理者育成における課題を明らかにし、今後の育成の方策を考える。
主な内容 看護管理者のコンピテンシーとは/コンピテンシー・モデルを用いた看護管理者の育成/看護管理者育成の現状と課題/次世代の看護管理者を育成するには(演習を含む)
応募要件 認定看護管理者
定員 80
受講料 会員 12,852円 / 非会員 19,332円
時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
11月20日 (火曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜12:00

講義)
●人材育成とコンピテンシー

  • ・コンピテンシーとコンピテンシー・モデル
  • ・人材育成におけるコンピテンシー・モデルの活用の意義

●コンピテンシー・モデル導入への組織基盤づくり〜トップマネジャーの立場から〜

  • ・組織分析に基づくビジョンの策定
  • ・戦略課題としての看護管理者の育成
  • ・コンピテンシー・モデルの導入までの戦略の策定・実行・検証の実際
  • ・次世代看護管理者の育成にトップマネジャーが果たす役割
など
佐藤  八重子
(国家公務員共済組合連合会  九段坂病院)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜14:30

講義)
●コンピテンシー・モデルを活用した看護管理者研修システムの構築〜教育担当の立場から〜

  • ・組織ビジョンの実現にむけた看護管理者の育成
  • ・看護管理者研修システムの設計と構築のプロセス
  • ・看護管理者研修の実際(運用、成果、課題、今後の方向性など)
  • ・次世代看護管理者の育成にマネジメントの各階層が果たす役割
など
皸  亜希
(藤田医科大学病院)
14:40〜17:00

講義・演習)
●2施設の事例から学ぶ

  • ・ワールドカフェ:コンピテンシー・モデルの導入・活用を成功に導いた秘訣(要因、背景、看護管理者の意思決定・行動など)を検討
  • ・全体共有及び講師との意見交換

●自施設における次世代看護管理者の育成を考える

  • ・グループワーク:自施設での育成システムを構築・発展に導くためのキーポイントを検討
  • ・全体共有及び講師との意見交換
など
佐藤  八重子(前掲)
皸  亜希(前掲)
11月21日 (水曜日)
9:30〜12:00

講義・演習)
●地域の力を活用した看護管理者の育成

  • ・地域で看護管理者がつながる意義
  • ・地域の力を活用した看護管理者の育成の実際
  • ・これからの時代に求められる看護管理者とは
  • ・グループワーク(全体共有あり):地域の力を活用することでどの領域のコンピテンシーを高めることを支援できるか

●認定看護管理者が推進する次世代看護管理者の育成
〜地域の医療・看護の質向上を目指して〜

  • ・ワールドカフェ:地域の医療・看護の質向上を推進する次世看護管理者の育成にむけた方策を検討
  • ・全体共有及び講師との意見交換
など
松本  志保子
(医療法人弘遠会すずかけヘルスケアホスピタル)
★応募要件をご確認ください★