平成30年度 神戸研修センター開催研修

NO.215老年看護の基礎知識〜加齢変化に伴う身体と生活の理解〜

会場 神戸研修センター
開催期間 H30 8/7 (1日間)
応募期間 H30 5/1〜7/25
研修目的 高齢者の生活を理解するための基本的な考え方、および加齢変化に伴う身体への理解を深め、呼吸に焦点をあてたフィジカルアセスメントの方法について学ぶ。
主な内容 老年看護の体系の概要/老年看護の特徴/加齢がもたらす生活の変化/加齢変化とフィジカルアセスメントの方法(呼吸に焦点をあてて)/事例演習
主な対象 看護基礎教育において老年看護学がカリキュラムになく履修できなかった看護職
定員 100
受講料 会員 10,260円 / 非会員 15,444円
時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
8月7日 (火曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜11:30

講義)
●高齢者を理解するための基本的知識

  • ・老年期と老年期にある人の発達のとらえ方
  • ・老年観の変遷とエイジズム
  • ・加齢による心身の機能の変化(生理的老化、病的老化、知的能力、情緒など)
  • ・老年期における健康の考え方
  • ・高齢者の生活を支える保健医療福祉政策・制度の動向

●老年看護の特徴

  • ・老年看護の目標と原則
  • ・多様な健康段階と場で期待される老年看護
など
坪井  桂子
(神戸市看護大学)
11:30〜12:30 昼休憩
12:30〜14:30

講義・演習)
●高齢者の健康と生活を援助するための包括的なアセスメント〜認知症をもつ高齢者〜

  • ・高齢者のヘルスアセスメントのプロセスと注意点
  • ・認知症高齢者特有のアセスメントの視点
    (認知症をもつ人の心理・体験世界の理解、認知症の進行・経過の評価、身体疾患の悪化の程度と認知機能への影響、せん妄の評価 など)
  • ・ヘルスアセスメントの実際(事例演習)
など
正田  美紀
(医療法人財団神戸海星病院)
14:40〜16:30

講義・演習)
●高齢者の危ないサインを見逃さないフィジカルアセスメント〜慢性呼吸器疾患をもつ高齢者〜

  • ・呼吸器系のフィジカルアセスメントのプロセスとポイント
  • ・特に注意を要する身体所見・症状
  • ・フィジカルアセスメントの実際(事例演習)
など
荒木  敬雄
(神戸市立医療センター西市民病院)

ご応募をご検討されているみなさまへ

本研修へのご応募は、看護基礎教育において老年看護学を履修した方も可能です。高齢者の身体や生活についての基礎的な知識を改めて学ぶ機会としてもご活用ください。
高齢者の看護に携わる多くのみなさまのご応募をお待ちしています。