平成30年度 神戸研修センター開催研修

NO.201臓器移植における基礎知識と看護実践

会場 神戸研修センター
開催期間 H30 5/16〜18 (3日間)
応募期間 H30 3/1〜15
研修目的 臓器移植医療の概要と臓器移植看護に必要な基礎知識、看護師の役割について学ぶ。
主な内容 臓器移植医療の現状・法律・システム/移植における看護師の役割と看護の実際/移植における免疫・感染/倫理的問題/ドナー移植コーディネーター・レシピエント移植コーディネーターの役割と活動(演習を含む)
主な対象 臓器移植医療に関する学習が初めての看護職
定員 100
受講料 会員 20,520円 / 非会員 30,888円
時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
5月16日 (水曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜11:30

講義)
●臓器移植とは

  • ・臓器移植の概要
  • ・歴史、現状と動向
  • ・臓器移植法、制度

●臓器移植医療のシステム

  • ・臓器提供〜移植までのプロセス
  • ・臓器移植にかかる費用
芦刈  淳太郎
(公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク)
11:30〜12:30 昼休憩
12:30〜14:30

講義・演習)
●移植における看護師の役割

  • ・移植看護とは
  • ・移植と看護師の役割
  • ・移植に関わる他職種の活動
大河  知世
(岡山大学病院)
14:40〜16:30

講義)
●移植における免疫・感染

  • ・免疫・感染のメカニズム
  • ・移植における免疫反応
  • ・移植時に起こりやすい感染の特徴と予防
  • ・移植における感染時の対応
鍋谷  佳子
(大阪大学医学部附属病院)
5月17日 (木曜日)
9:30〜11:30

講義)
●臓器移植看護における全身管理

  • ・臓器移植術後、ICUにおいて行われる全身管理やモニタリング
  • ・臓器移植後のリスクとその要因および看護
  • ・事例紹介
門田  耕一
(岡山大学病院)
11:30〜12:30 昼休憩
12:30〜15:30

講義・演習)
●臓器移植と倫理的問題

  • ・臓器移植における倫理的問題と看護師の役割
中島  節子
(北里大学病院)
15:40〜17:30

講義)
●脳死・心停止ドナー候補者発生施設での対応

  • ・脳死の医学的判断と告知
  • ・家族への選択肢の提示
  • ・ドナー発生時におけるケアの基本的考え
吉矢  和久
(大阪大学医学部附属病院)
5月18日 (金曜日)
9:30〜12:00

講義)
●ドナー移植コーディネーターの役割と活動の実際

  • ・ドナー移植コーディネーターの役割
  • ・ドナー移植コーディネーターが活動する場
  • ・ドナー候補者が発生して移植に至るまでの活動内容
  • ・ドナー移植コーディネーターが連携する職種
今村  友紀
(兵庫医科大学病院)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜15:30

講義)
●レシピエント移植コーディネーターの役割と活動の実際

  • ・レシピエント移植コーディネーターの役割
  • ・レシピエント移植コーディネーターが活動する場
  • ・初診外来から移植に至るまでの流れ
  • ・移植術前・術後のコーディネーション
  • ・レシピエント、生体ドナー、家族への支援
  • ・レシピエント移植コーディネーターが連携する職種
  • ・病棟における退院指導
野尻  佳代
(東京大学医学部附属病院)