平成30年度 神戸研修センター開催研修

NO.226地域における医療依存度が高い子どもに必要な看護(予定)

会場 神戸研修センター
開催期間 H30 10/17・18 (2日間)
応募期間 H30 7/2〜10/3
研修目的 地域における医療依存度が高い子どもの現状を理解し、在宅移行支援から在宅療養に必要な看護を学ぶ。
主な内容 地域における医療依存度が高い子どもの現状と課題/在宅移行に必要な医療処置とケア/子どもの発達支援と教育的支援/家族への配慮/在宅療養支援における看護師の役割(演習を含む)
定員 80
受講料 会員 15,444円 / 非会員 23,112円
時間 研修形態/科目名
10月17日 (水曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜11:30

講義)
●医療依存度が高い子どもが受ける在宅医療の動向

  • ・医療依存度が高い子どもの支援体制の整備について
  • ・障害福祉サービス等に関する法律・制度改定について
  • ・子どもの教育の保障について

●在宅移行支援に必要な医療処置とケア

  • ・在宅療養生活に多い医療処置とその対応
    (在宅人工呼吸器、在宅酸素療法、気管カニューラ、胃瘻、胃管、その他)
など
11:30〜12:30 昼休憩
12:30〜14:25

講義)
●医療依存度が高い学童に必要な制度と保障について

  • ・在宅支援に必要な社会資源や社会保障制度
  • ・障害福祉サービス等の改定内容と報酬について
  • ・学童に必要な在宅移行手続き(事例を含む)
など
14:35〜16:30

講義・演習)
●医療的ケアが必要な学童から思春期の児への在宅支援

  • ・学童に必要な退院準備・調整(日常生活調整、自宅の環境整備、学校との調整等)
  • ・在宅生活に向けた退院支援の実際
  • ・グループワーク:事例検討
など
10月18日 (木曜日)
9:30〜12:00

講義)
●医療依存度が高い学童の発達支援と教育支援

  • ・特別支援学校における医療的ケアの現状
  • ・学校看護師がおこなう医療的ケアの内容と役割
  • ・放課後等デイサービスとの連携
  • ・質疑応答
など
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜16:30

講義・演習)
●学童の在宅療養生活に必要な看護

  • ・学童に必要な自宅の生活環境の整備
  • ・小中学校への進学に対する調整や支援
  • ・学童とその家族(同胞含む)への支援
  • ・学童の在宅生活に必要な訪問看護の実際
  • ・グループワーク:事例展開
など