平成29年度 神戸研修センター開催研修

NO.222

地域包括ケアシステム構築・推進のための保健師に必要な能力の強化

研修目的

地域包括ケアシステムの構築・推進に向け、講義や事例発表、演習を通して、行政で働く保健師に必要とされる能力を強化すると共に、参加者間のネットワークを形成し、今後のより良い活動に役立てる。

応募要件

次の2点を満たす者:①地域包括ケアシステム構築に係る主管部門に所属する市町村の保健師または県主管課もしくは保健所の保健師 ②事前学習のレポート提出が可能な者

時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
9月21日 (木曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜10:30

講義)主旨説明
●保健師活動指針を踏まえた、地域包括ケア推進に携わる保健師の役割

など
村中  峯子
(公益社団法人  日本看護協会)
10:40〜11:40

講義)
●地域包括ケアの推進

  • ・地域包括ケアシステムの基本・概要
  • ・地域包括ケアシステムに関する最新情報
枝光  みゆき
(厚生労働省老健局)
11:40〜12:40 昼休憩
12:40〜14:10

講義)
●地域医療計画・介護保険事業計画と地域包括ケア

  • ・各種計画策定の位置づけと地域包括ケア
    (県・市町村に期待される役割)
  • ・計画策定に保健師が参画する意義とポイント、保健師への期待
今村  知明
(公立大学法人  奈良県立医科大学)
14:10〜14:40

講義)実践報告

  • ・地域包括ケアシステム構築に向けた市町村の役割
  • ・データ分析を生かした地域包括ケアシステムへの展望
調整中
14:50〜15:30

演習
●グループワーク:各自の実践報告

  • ①計画策定への関与と自身の役割
  • ②自組織における地域包括ケアの実際
  • ③保健師の配置状況と保健師間の連携について
≪演習支援者≫
森岡  幸子
(大阪府在宅保健師)
中板  育美(村中峯子)
(公益社団法人日本看護協会)
15:30〜16:30

講義)
●地域包括ケア推進に携わる保健師への期待

  • ・地域包括ケアの推進における保健師の役割
中板  育美(前掲)
9月22日 (金曜日)
9:30〜10:30

講義)
●地域ケア会議のデザインと保健師の役割

  • ・地域ケア会議の機能と意義
  • ・地域ケア会議における保健師の役割
  • ・PDCAを回すための地域ケア会議
村中  峯子(前掲)
10:40〜12:00

講義)実践報告
●地域ケア会議の活用の実際と多職種協働

原  直子
(姫路市健康福祉局)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜15:20

演習)
●グループワーク:地域包括ケアシステム構築に向けた自組織での今後の活動の明確化

  • ・地域ケア会議における保健師の役割の実際
  • ・地域ケア会議を地域ケア構築に活かすために今後どうあればよいか
  • ・地域ケア会議で得られた課題を、どのように事業に反映していくか
  • ・そのために、これから自身が実際にすべきこと

●全体共有

≪演習支援者≫
森岡  幸子(前掲)
村中  峯子(前掲)
15:30〜16:30

講義)
●保健師が取組む地域包括ケアと見える化、魅せる化

  • ・PDCAを意識した保健師活動と地域包括ケアシステム構築の実現
西本  美和
(大津市健康保険部)
★応募要件をご確認ください★