平成29年度 神戸研修センター開催研修

NO.217

院内研修を効果的・効率的に設計・改善するための方法

研修目的

自施設の看護の課題解決やよりよい実践に効果的・効率的につながる研修設計の手法について学び、その手法を用いて自施設の研修プログラムを設計する。

応募要件

次の3点を満たす者:①看護師長・看護師長に相当する職位以上にある者 ②施設における教育事業の責任者 ③現状の教育(研修)企画改善課題を有する者

時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
8月29日 (火曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜12:30

講義・演習)
●現状の研修企画・運営の問題点の抽出

  • ・研修評価表を基に自施設の問題点と課題を抽出

●院内教育(研修)を計画する際の基本的な考え方と方法

  • ・ニーズ分析
  • ・学習課題抽出と学習目標設定
  • ・設計条件の分析
  • ・学習手段と動機付け
  • ・評価方法
浅香  えみ子
(学校法人獨協学園  獨協医科大学越谷病院)
12:30〜13:30 昼休憩
13:30〜16:30

講義・演習)
●事例を基にした研修プログラム設計の理解

  • ・午前の復習と質疑・応答
浅香  えみ子(前掲)
8月30日 (水曜日)
9:30〜12:00

講義・演習)
●自施設研修プログラムの計画・改善(プログラム設計の実践)

  • ・前日に学んだ手法を基に自施設の研修プログラムを設計する
浅香  えみ子(前掲)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜16:30

講義・演習)
●設計プログラムの発表とディスカッション

  • ・グループディスカッション
  • ・設計したプログラムの発表

●まとめ

浅香  えみ子(前掲)

※1  本研修の事前課題は、以下の3点です。

  • 課題1:自施設の現状
  • 課題2:自施設の研修企画・運営上の問題点
  • 課題3:本研修に対する期待

事前課題の提出方法等は、決定通知同封書類をご確認ください。

※2  参考図書:「看護にいかすインストラクショナルデザイン」(浅香えみ子著 2016  医学書院)

参考図書は、ご自身でお持ちの場合は、研修会当日にご持参ください。

※本研修(217研修)のアドバンス編として、233「施設における患者の急変予測と対応に関する教育プログラム設計(以下233研修)」の研修を予定しております。233研修は、平成29年度教育計画では、11月28日(火)の開催予定でしたが、10月27日(金)へ変更しております。応募期間の変更は、ありませんが、233研修受講希望の皆様は、応募要件等をご確認のうえ、お申込みください。

★応募要件をご確認ください★