平成29年度 神戸研修センター開催研修

NO.215

【CLoCMiPをステップアップするための研修】産科マネジメント ステップ2

研修目的

周産期医療に関わる動向をふまえ、産科管理者のマネジメント力の向上のための知識とスキルを習得する。

応募要件

次の2点を満たす者:①看護師長・看護師長に相当する職位以上にある者または管理を担うアドバンス助産師②全日程(8/9・12/20の2日間)に参加できる者

時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
8月9日 (水曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜10:40

講義)
●周産期医療を取り巻く環境の変化と組織変革のためのマネジメントの必要性
−助産師の継続したケア提供体制を目指して−

吉川  久美子
(公益社団法人  日本看護協会)
10:50〜12:00

講義)
●問題解決プロセスと変革理論

  • ・問題解決プロセス/変革理論
  • ・論理的思考のためのツール
松永  智香
(高知県厚生農業協同組合連合会  JA高知病院)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜14:00

講義)(実践報告)
●院内助産システム導入の実際

村田  佐登美
(社会医療法人  愛仁会千船病院)
14:10〜16:30

演習)(GW)
●助産師の継続したケア提供体制を目指して

  • ・所属施設における現状の把握
  • ・問題の明確化・課題設定
  • ・実施計画の立案

●全体共有・意見交換・まとめ

≪演習支援者≫
松永  智香(前掲)
村田  佐登美(前掲)
早川  ひと美
(公益社団法人  日本看護協会)
12月20日 (水曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜10:50

講義)
●継続した助産ケア提供のための人材育成

  • ・助産実践能力強化のための教育体制整備
  • ・年間教育計画の立案と他施設連携
小倉  嘉子
(東京都立  多摩総合医療センター)
11:00〜12:00

講義)
●継続した助産ケア提供の成果指標

  • ・産科領域におけるデータに基づくマネジメント
  • ・組織変革の評価指標
森本  俊子
(社会福祉法人  聖隷福祉事業団  総合病院聖隷浜松病院)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜15:00

演習)(GW)
●実施計画の共有と計画の見直し

  • ・成果指標の明確化
  • ・計画実施における現状の課題の明確化と対応策
≪演習支援者≫
小倉  嘉子(前掲)
森本  俊子(前掲)
原口  眞紀子
(旭川医科大学病院)
早川   ひと美(前掲)
15:10〜16:30

講義)
●継続した助産ケア提供のための組織変革プラン
●まとめ

原口  眞紀子(前掲)
★応募要件をご確認ください★