平成28年度 神戸研修センター開催研修

NO.241

慢性疾患(非がん)患者の緩和ケア

研修目的

緩和ケアについての理解を深め、事例を通して慢性疾患(非がん)患者への緩和ケアの実際を学ぶ

時間 研修形態/科目名
2月2日 (木曜日)
10:00〜10:10 オリエンテーション
10:10〜12:00
(2時間)
講義)
●慢性疾患(非がん)患者の緩和ケアの特徴

・非がんとは
・非がん患者に緩和ケアが必要な背景とその特徴
・非がん患者に求められるケア
など
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜15:00
(2時間)
講義)
●慢性閉塞性疾患の症状緩和

・進行期、安定期の症状緩和(薬物療法、呼吸リハビリテーション、非侵襲的陽圧換気)
・終末期の症状緩和(モルヒネ投与を含む)
など
2月3日 (金曜日)
10:00〜12:00
(2時間)
講義・一部演習)
●非がん患者への意思決定支援の方法

・意思決定支援の意義と必要性
・意思決定支援を行う際のコミュニケーションと支援の進め方
・意思決定支援におけるチームアプローチ
・意思決定支援の実際(具体例の提示など)
など
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜16:00
(3時間)
講義・一部演習)
●慢性呼吸器疾患における緩和ケアの実際

・急性憎悪の繰り返しと呼吸機能悪化に対するケアのポイント
・終末期にある慢性呼吸器疾患患者のケアの進め方とコツ
(在宅移行、看取りケアを含む)
・慢性閉塞性疾患患者に対する緩和ケアの実際ー事例検討
(グループワークを含む)
など