2021年度 神戸研修センター開催研修

No.217病院看護管理者に求められる認知症高齢者ケアの充実を目指したマネジメント

提供方法 Zoom(講義・演習)
開催期間 2021年 9/15
応募期間 2021年 6/1〜15
研修目的 1.医療を受ける認知症高齢者の現状を理解することができる。
2.所属施設(自部署)の課題を踏まえ、認知症高齢者のマネジメントの視点を考えることができる。
応募要件 自部署の看護管理を実践する者
特記事項 【本研修には事前課題があります。詳細は受講決定通知でお知らせします。】
※応募要件を満たしている、かつ、申込内容に不備がない方から先着順に受講決定します。ただし、定員を超える応募があった場合には1施設1名とします。
※Zoomによるオンライン研修の受講には、以下の環境が必要になります。
  • 1)Zoomアプリが使用できるパソコン(マイクとカメラ機能が内蔵または接続可能なもの)を1人1台準備
    ・タブレット、スマートフォンでの受講も可能ですが、資料等を映すため、画面の大きな端末を推奨します
  • 2)パソコンはWindows8.1以降またはMacOS10.11以降、CPUデュアルコア2GHz以上を推奨
  • 3)インターネットの通信環境の確保(通信容量無制限など)
レベル M‐Ⅱ
定員 100
受講料 一般価格 15,730円(税込) / 会員価格 10,450円(税込)
時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
事前準備
  1. 1.自部署の認知症高齢者ケアの現状を確認する
  2. 2.自部署の認知症ケアの現状から、看護管理者として感じている自部署の課題を確認する
※事前課題の提出は不要です。詳細は受講通知書で案内します。
9月15日 (水曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜10:00

演習)
●自施設(自部署)における認知症高齢者ケアの現状と課題

≪演習内容・方法≫
  • ・アイスブレイク兼ねた自己紹介
  • ・自部署の認知症高齢者ケアの現状と看護管理者として感じている自部署の課題について、情報共有、ディスカッション
担当者
10:00〜10:50

講義)
●医療を受ける認知症高齢者の現状と課題

  • ・医療を受ける認知症高齢者の特徴
  • ・認知症高齢者ケアのマネジメントに影響する要因
【質疑・応答】
鶴屋 邦江
(医療法人実風会新生病院)
11:00〜12:00

講義)
●認知症高齢者ケア充実を目指した取り組みの実際

  • ・認知症高齢者ケア推進のための取り組み
  • ・認知症高齢者ケア充実を目指した変革のプロセス
  • ・具体的な体制整備
【質疑・応答】
長坂 奎英
(キッコーマン株式会社 キッコーマン総合病院)
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜14:00

講義)
●認知症高齢者ケア充実を目指したマネジメント

  • ・認知症高齢者ケアにおける看護管理者の役割
  • ・ケア改善に向けた自部署の取り組み
鶴屋 邦江(前掲)

講義)
●認知症高齢者ケアにおける多職種連携

  • ・所属施設内での多職種連携(理学療法士・薬剤師など)
  • ・関連(受け入れ)病院との看看連携
  • ・地域との連携と協働
14:10〜16:30
(小休憩含む)

講義・演習)
●認知症高齢者ケアにおけるマネジメント
〜認知症高齢者の尊厳を守りケアの充実を目指して〜

≪演習目標≫
  1. 1.自部署の課題の明確化
  2. 2.看護管理者として自部署の課題解決に向け、認知症ケア充実を目指したマネジメントの視点を考えることができる
    *自身が取り組むべきマネジメントの視点をあげる
≪演習方法≫
  1. 1.自部署の課題の明確化
    • ①個人演習
    • ②グループ演習
    • ③全体共有
    • ④講師・演習支援者コメント
  2. 2.認知症ケア充実を目指したマネジメントの視点をあげる
    • ①個人演習
    • ②グループ演習
    • ③全体共有
    • ④講師・演習支援者コメント

●講師・演習支援者からのアドバイス・まとめ

≪演習統括≫
鶴屋 邦江(前掲)
≪演習支援≫
長坂 奎英(前掲)