2021年度 神戸研修センター開催研修

No.218地域完結型医療を推進するマネジメントー退院支援を推進する組織づくりー

提供方法 Zoom(講義・演習)
開催期間 2021年 9/18
応募期間 2021年 6/1〜15
研修目的 1.自部署の入退院支援の現状を理解することができる
2.自部署の入退院プロセスの課題を明確にすることができる
3.自部署の入退院支援の課題解決に向けたマネジメントの糸口がわかる
応募要件 自部署の看護管理を実践する者
特記事項 【本研修には事前課題があります。詳細は受講決定通知でお知らせします。】
※応募要件を満たしている、かつ、申込内容に不備がない方から先着順に受講決定します。ただし、定員を超える応募があった場合には1施設1名とします。
※Zoomによるオンライン研修の受講には、以下の環境が必要になります。
  • 1)Zoomアプリが使用できるパソコン(マイクとカメラ機能が内蔵または接続可能なもの)を1人1台準備
    ・タブレット、スマートフォンでの受講も可能ですが、資料等を映すため、画面の大きな端末を推奨します
  • 2)パソコンはWindows8.1以降またはMacOS10.11以降、CPUデュアルコア2GHz以上を推奨
  • 3)インターネットの通信環境の確保(通信容量無制限など)
レベル M‐Ⅱ
定員 100
受講料 一般価格 15,730円(税込) / 会員価格 10,450円(税込)
時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
事前準備 1.自部署の入退院支援プロセスの現状を確認する
2.自部署の入退院支援で困難と感じた事例を1つあげる
3.上記2の困難事例から、看護管理者として入退院支援プロセスでここが課題だと考えていること
上記1.2.3について所定の様式に記入する
※事前課題の提出は不要です。詳細は受講通知書で案内します。
9月18日 (土曜日)
9:30〜9:40

オリエンテーション

9:40〜10:20

演習)
●自部署における入退院支援の現状と困難事例の共有

≪演習内容≫
  • 1.アイスブレイクを兼ねた自己紹介
  • 2.自施設の現状、事例の共有と課題の抽出
    自部署の入退院プロセスの現状と退院困難事例を共有
    自部署の管理者として、グループメンバーの発表から、課題と思われることについて考え、意見交換を実施
≪演習方法≫
  • ・グループ演習
担当者
10:30〜11:30

講義)
●「地域完結型医療」を推進する入退院支援とは

  • ・入退院支援の現状(社会制度を含む)
  • ・地域完結型医療を推進する入退院支援プロセスの在り方
    (入退院支援・入退院調整プロセスより解説)

●急性期病院における入退院支援の推進
〜聖マリアンナ医科大学病院の場合〜

  • ・自施設で経験した退院困難事例の紹介
  • ・地域完結型医療を目指した成功事例の紹介
    成功に導いた秘訣と病棟看護管理者の役割(自部署の入退院支援を推進するため、組織的な働きかけ)
  • ・質疑応答
行田 菜穂美
(聖マリアンナ医科大学病院)
11:40〜12:30

演習)
●自部署における入退院支援プロセスの課題を明確にすることができる

≪演習内容≫
テーマ:自部署における入退院支援プロセスの課題を明確にする
  • 1.入退院支援プロセスでの課題と思うこと・その理由
  • 2.自部署の管理者として課題を明らかにする
≪演習方法≫
  • ・個人演習⇒グループ演習⇒全体共有

●まとめ

行田 菜穂美(前掲)
12:30〜13:30 昼休憩
13:30〜14:20

講義)
●効果的な入退院支援を推進するための組織体制

  • ・地域完結型医療を推進する効果的な入退院支援の在り方
  • ・効果的な入退院支援の体制構築のための組織としての在り方
  • ・質疑応答
槌田 洋子
(社会福祉法人 恩賜財団済生会 支部岡山県済生会岡山済生会ライフケアセンター)
14:30〜16:10
(途中休憩含む)

演習)
●効果的な入退院支援促進のための自部署のマネジメントを目指して

≪演習の目標≫
  • ・入退院支援プロセスの課題から、自部署の入退院支援の課題解決に向けたマネジメントの糸口がわかる
≪演習内容・方法≫
  • 1.演習の進め方
  • 2.課題解決に向けて、どのように行動するか
    個人演習⇒グループ演習⇒全体共有・講師からのコメント
  • 3.自部署の管理者として、取り組むマネジメントが言える
    個人演習⇒グループ演習⇒全体共有
*事前準備の演習シートを活用してワークを実施する
≪演習支援≫
槌田 洋子(前掲)
風早 純子
(社会福祉法人恩賜財団岡山済生会総合病院)
16:10〜16:30

●総評・まとめ・質疑・応答