2021年度 神戸研修センター開催研修

No.211看護が支え・つなぐ複数の慢性疾患を抱える患者のエンド・オブ・ライフケア

提供方法 Zoomウェビナー(講義)
開催期間 2021年 6/24 14:00〜17:00
応募期間 2021年 3/16〜31
研修目的 1.慢性症疾患患者のエンド・オブ・ライフケアの現状と課題を理解することができる。
2.慢性疾患を抱える患者のエンド・オブ・ライフの質向上を推進する看護を考えることができる。
応募要件
特記事項 ※JNAラダーレベルⅢ相当で、慢性疾患患者のエンド・オブ・ライフケアに携わる方を想定し企画しています。
※申込内容に不備のない方から先着順に受講決定します。ただし、定員を超える応募があった場合には1施設1名とします。
※本研修はオンデマンド配信を予定しています。配信の詳細決定後、本会ホームページに公表いたします。
※Zoomによるオンライン研修の受講には、以下の環境が必要になります。
  • 1)Zoomアプリが使用できるパソコン(マイクとカメラ機能が内蔵または接続可能なもの)を1人1台準備
    ・タブレット、スマートフォンでの受講も可能ですが、資料等を映すため、画面の大きな端末を推奨します
  • 2)パソコンはWindows8.1以降またはMacOS10.11以降、CPUデュアルコア2GHz以上を推奨
  • 3)インターネットの通信環境の確保(通信容量無制限など)
レベル JNAⅣ
定員 300
受講料 一般価格 6,380円(税込) / 会員価格 4,180円(税込)
時間 研修形態/科目名 講師名(敬称略・所属施設名)
6月24日 (木曜日)
14:00〜14:10

オリエンテーション

14:10〜15:00

講義)
●慢性疾患患者のエンド・オブ・ライフケアの現状と課題
●慢性疾患患者のエンド・オブ・ライフの質を向上する看護

谷本 真理子
(東京医療保健大学)
15:00〜15:05 休憩
15:05〜15:55

講義)
●エンド・オブ・ライフを見据えた看護-慢性閉塞性肺疾患と他疾患をもつ患者-

  • ・エンド・オブ・ライフに生じる患者・看護師の葛藤
  • ・アドバンス・ケア・プランニングの意義とタイミング
  • ・患者の望むエンド・オブ・ライフの医療・ケアの実現にむけた調整・連携
竹川 幸恵
(地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪はびきの医療センター)
15:55〜16:00 休憩
16:00〜16:50

講義)
●エンド・オブ・ライフにおける看護-維持血液透析他疾患をもつ患者-

  • ・エンド・オブ・ライフの判断
  • ・多様な価値の調整に必要な準備
  • ・エンド・オブ・ライフの医療・ケアの意思決定支援
  • ・意思決定を実現する調整・連携
田中 順也
(地方独立行政法人堺市立病院機構堺市立総合医療センター)
16:50〜17:00

●質疑応答

竹川 幸恵(前掲)
田中 順也(前掲)